鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

心のきろく1 罪悪感ではちきれそうになる

ここに至るまでの、経緯を書こうか…。

めんどくさいんだけど、自分の為に記録しておこう。

 

 

 ************************************

 

先月、婚活サイトで出会った「るーさん」とお別れした。

 

ふと、自分の日記などを見返すと

 

るーさんが、全然話を聞いてくれないとか

私の事を理解してくれようとしないとか書いてあったのね。

 

今見ると、全然気にならなくなってたのだ。

 

嫌な所が、嫌じゃなくなってた。

 

あれから、ちょこちょこメールなんかもして

それが以前よりずっと楽しかったのだ。

 

 

あぁ、今になって好きになってしまったんだなぁって思った。

 

 

相手には、彼女がいるけどるーさんは迷っているのを知ってたし

もしかしたら、正直また付き合えるのではないかって思っていた。

 

 

ちゃんと話さなきゃなと思った。

 

 

だけど、るーさんは忙しくてなかなか話す機会が持てず。

 

 

そもそも、この気持ちに気が付く前に

私は婚活サイトで知り合った

他の男性と会う約束をしていたのだった。

 

 

その男性は、なんとなく私に好意的な感じがした。

 

私は、めっちゃチョロいので好意を向けられると

半分くらいは好きになる傾向がある。

 

るーさんの事は好きだけど、その男性の事も若干好きなので

罪悪感で、はちきれそうになった。

 

好意のうまみだけを欲していた。

 

クソ女だな~、って思った。

 

かわいい子だったらまだ許されるけども、

ジャンル的には阿佐ヶ谷姉妹だからね?

 

別に、二股をかけている訳ではないのだけれど

罪人の気分だった。

 

はたから見ると、そんなのよくあるよ。

真面目過ぎるよと思うだろう。

 

自分で、許されることと許されないことの範囲が分からない。

 

本当は、全部許してもいいのかもしれないけど不安になる。

全部許したら、自分勝手じゃないのかな?って。

 

ここ最近、ずっと思っている。

 

これからも、何回も言うと思う。

 

続きます。