鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

つわりの時の食べ物リスト

つわりの時、対策や、食べやすかったものをメモっておこうと思いまして。

完全に自分用の記録です。

 

【さばののつわりの傾向】

空腹時や、厚着などで体温が上がりすぎると吐き気が強まる。

吐き気の感じは、車酔いした時の気持ち悪さとほぼ同じな気がする。

それがずっと続いている。

 

■服装など

・衣服は気持ち薄着にする

上着は、普段より薄手のものにする(特に、乗り物に乗るとき)

・ゲロ袋を鞄に忍ばせる

 

■食べ物

・飴

気持ち悪くなったら、とにかく、飴を食べて気を紛らわすしかない。

 

ノーベル VC-3000のど飴 90g 48コ入り

特に、VC-3000のど飴が良かった。

飴なんか食えん…って気持ち悪さでも、口に入れたらなんとななる。

 

他の飴も食べたけど、甘すぎるのかイマイチだった。

私の場合、スースーしすぎるもの逆に気持ち悪くなるので

これがちょうど良かった。わりとどこにでも売ってるし。

 

あんまり見かけないけど、ピンクグレープフルーツ味も良かった。

マスカット味もあるらしいけど、売ってるの見たことない。

 

 

・果物

みかん、りんご、キウイフルーツ、パイナップルなどを食べました。

 

特に、みかんやキウイは手軽に食べられるのでとても助かる。

みかんが旬な時期に妊娠できて良かったと思う。

 

パイナップルは、解体が面倒だけど、おいしかったなぁ。

酸味とジューシーさがとても良い。

 

果物が良かったので、ジュースもいいなと思って買いましたが、甘すぎてイマイチでした。100%ジュースも、合わなかったです。

やっぱり、果物そのものを食べるのが良いですね。

 

 

・ヨーグルト

ヨーグルトは無糖のやつをフルーツにかけたり、牛乳とレモン汁、はちみつを混ぜてラッシーにして飲んだりしました。

 

ラッシー作るのめんどくさくて、飲むヨーグルトを買って飲むようになりました。

牛乳で割れば 甘さの調節もできるし良いです。

 

・炭酸水

無糖の炭酸水にレモン汁を入れたり、入れなかったりして飲みました。

おいしい!って感じるときもあれば、そうでもない時もあったなぁ。

 

こんにゃくゼリー

お仕事に行ってるとき、空腹で気持ち悪いので、帰りの電車で食べてました。

真冬なのに、上着を脱いで、こんにゃくゼリーをむさぼる様はさぞかし怪しかったであろう。

 

しかし、ゼリーを1個か2個食べたところで、空腹感は治まらないので気休め程度でしたが、持ち運びが楽ですぐに食べられるのがよし。

りんご味が食べやすい。優しいお味。

 

 

・・・

 

主食とかに関しては、気持ち悪いけど口に入れたらわりと食べれました。

野菜系のサンドイッチとか、シリアル系とか食べやすいかも。

 

 

味覚が変わるって言うけど、多分変わってないかなぁ~?

甘いものを以前より欲さなくなったけど、それは単純に気持ちが悪いからだと思う、

 

ネギとか、元々あまり好きじゃないものの臭いを嗅ぐと吐き気が強まる。

なんなら、想像しただけでも(今)気持ち悪い。危ない。

 

 

だいたい、こんな感じです。

後々追記するかもしれんし、しないかもしれん。

 

 

妊娠10週目に入り、ピークを過ぎたような気がするけど、波がある。

毎日寝てばかりかな。

 

 

それが、できる環境なのだから、休めるとき、休みましょ~って、せめて、自分だけは自分の味方になれたらいいのになぁ~って、思う。