鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

ちっぽけな理由で泣きまくる日々。

にわとりさんと会話して、些細な事で泣くことが多くなった。

 

 

いっぱい泣き過ぎで、よく覚えてないくらいだ。

 

 

いちばんしょうもない理由は、私がうどんを焦がしてしまったから泣いた。

 

 

鍋を作ってて、最初にうどんを入れて野菜などを上に重ねて煮たら鍋底がこげっこげになって、泣いた。

 

 

なんで泣いたか?

 

 

私の無能さを責められてしまっているような気がしたからかな。

 

 

たかがうどんを焦がしたぐらいで、大げさな、と思うよ。

 

 

一人で、鍋を焦がしたって別に泣かなかったと思う。

 

 

うどんは焦がすし、そんなことで泣いてしまう私を許して欲しいみたいな気持ちがあったのかもしれない。

 

 

あとは、自分って役に立たないなぁ・何もできないなぁっと思って悲しくなった。

 

 

無力感がすごい。

 

 

そして、きっと、にわとりさんに大丈夫だよって言って欲しいんだけど、自分が欲しい言葉がもらえず、荒れるよね。

 

 

この時は、何て言ってたかあんまり覚えてない。

 

 

うどん焦がしただけで、泣いてるの!?みたいな感じだったかな。

 

 

ほんで、また鍋やればいいじゃん!みたいなことも言ってくれてたと思う。

 

 

 

だけど、ネガティブな事ばかり拾っちゃうんだ。

 

 

 

にわとりさんの指摘は、絶妙に刺さって、じくじくと痛み出す。

本人は言ったことをあまり覚えていなくって、意味などないんだけれど。

 

 

 

とある日は、にわとりさんが夜ご飯を食べたしばらく後に、袋めんをゆでて食べ始めて、それを私がネチネチ言ってしまったのね。

 

 

にわとりさん、仕事の運動量が減り、体重がかなり増えてきましたし。

 

 

 

そしたら、にわとりさん、食べかけのラーメンを捨ててしまった。

 

 

「気持ちいい気分で食べれないから、いい!」って。

 

 

「夜だったら、駄目な訳?」

「モヨウは、昼にお菓子とか食べてるでしょ?」

 

 

 

う…。

(にわとりさんがいない間、実家で食べていたさばの氏)

 

 

極めつけは以下。

 

 

「まささんだったら、夜に食べても許すでしょ!?」

 

 

えっ…。

 

 

いや、まささんは、夜にラーメン食べなさそうだし…。

むしろ、まささん細身だから太ってもいいし…。

 

 

などと脳裏が駆け巡り、「分からない」と回答した私ですが…。

 

 

いやでもね、まささんで同じシチュエーションが起きたとする。

 

 

正直、全然許してると思う。

 

 

ふふ、まささん、おいしそうにラーメンを食べてる♡って、なるだろう。

 

 

 

つまりは、にわとりさんの事、受け入れてないんだなぁと思った。

 

 

それに、にわとりさんの行動はにわとりさんが決める訳で、私がとやかく言えるものではないのかもしれないと思い謝った。

 

 

にわとりさんも、謝ってくれた。

 

 

そして、実はそれ以降、ポテチ1袋食べたりとか、ポップコーンを作って散乱してることはあったけど、ごはん後にラーメンは食べていないみたい。

 

 

やめるか・やめないか行動を決めるのはにわとりさんだけれど、伝える事は私が行ってもいい部分なので、言葉に出してもいいのかなと思いました。

 

手術より、おしっこがこわいんだ

子宮筋腫の手術を受けるための準備で、一昨日は病院に行ってきました。

 

ちょっと血を抜いて、レントゲンと心電図撮って、診断聞いて、本格的に血を採って、点滴して、筋腫を小さくする注射して、お薬もらうという盛りだくさんなスケジュールでした。

 

 

手術するときは、自分の血を貯めといて使うので、1回300㎖ほど採血するのです。

 

 

献血だと400㎖をいつも採っているので、流れは知っている。

 

 

流れは知っているとはいえ、緊張はするんだ。

 

 

手汗、べっちゃべちゃ。

 

おてて、超冷たい。

 

 

看護師さんに何度も大丈夫ですか?とか、緊張しすぎて倒れそうとか、リラックスして!とか言われました。

 

 

 

リラックスしようと思って、リラックスできるんなら、苦労はせんのよね。

 

 

確かに緊張はしてる。

 

でも、いつもの事だから。

 

 

緊張はしてるけど、どちらかといえば緊張してない方の緊張ですからね(?)

 

 

 

血を採る係の人と看護師さんが、血の出が遅いぞ、と、ざわざわしだした。

 

献血の時は、いつも暖かいお絞り的なものを握ってたんですよ~と、さりげなくお絞りを催促してみたが、用意してもらえなかった。

 

 

スクイーズ的な物をにぎにぎさせられたんだけど、まぁ、意味ないっす。

 

 

出るのは遅いけど、出てるからこのまま採血しましょうってなって。

 

 

あたたかい物を握らせてくれれば、なんとかなるのに!と思いつつも、続行。

 

 

終わりかけになると出が良くなる。

 

 

まぁ、そうだよね。うん、知ってた。

 

 

そして、今月また血を採らなければならないので、同じことを繰り返すのだけれど、コイツまためっちゃ緊張している…と思われるんだろうなぁ、嫌だなぁと思いました。

 

 

 

まぁ、それはいいんだ。

 

 

問題は、別の所にある。

 

 

手術のスケジュール表を見たら、排尿用の管を付けるって書いてった。

 

 

うげー!!!!

 

 

なにそれ、超怖いんですけど。

 

 

手術で、4か所お腹に穴開けるとか言ってたけど、それより管を付けるのが怖い。

 

 

男の人だったら、装着が簡単そうだけど…女の人ってどうなの???

 

 

なんか、ねじ込まなきゃいけない感じじゃないですか。

 

 

めっちゃ怖い。

 

 

ただでさえ、ねじ込みが怖いのに。

 

 

 

おしっこするとき、痛そうだし。

 

 

こわい。こわいよ。

 

 

オムツじゃ駄目なのかい?

 

 

オムツじゃ、かぶれるのかい?

 

 

こわい。

 

 

こわいんだよ。

結婚したけど、間違えたかも

にわとりさんと出会って結婚しましたが、もうすでに選択を誤ったかもという気持ちになっています。

 

 

一緒に生活していて、自己肯定感がさがりまくっている。

 

 

私が私であることを、にわとりさんが許してくれてない感じ。

 

 

そして、にわとりさん自身も行動をさばのが受け入れてくれてないと感じていると思います。

 

 

 

それを、私はいつかお互い大丈夫になる日がくる…!と言い聞かせていました。(現在も)

 

 

なにかきっかけがあるはずだ…!

 

 

過去婚活で出会ったるーさんや、おんさんは、会話が楽になるきっかけがあって、それからずいぶんと話しやすくなったから、それを待ってたんです。

 

 

待ってたのよ。

 

 

まだ、来てないの。

 

 

来てないのに、結婚しちゃったの。

 

 

 

これが最大の反省点。

 

 

一緒に居て、安心できる関係性を築けてないのに結婚しない方が良かったなぁと思う。

 

 

それでも結婚した訳は、私が心開くまで待ってもらえないかと思ったから。

 

 

待ってもらえないくらいの人なら結婚しなくてもいいんじゃねぇんかなと今なら思う。

 

 

あとは、結婚しなきゃいけない流れにしてしまった事。

 

 

両親に挨拶とか、ガン無視すればよかった。

 

 

仕事の事も、私自身家を継ぎたくなかったのに、にわとりさんに流されてしまった。

 

 

なにもかも流されてしまって、結婚してしまった。

 

 

それが、私の失態である。

 

 

ずっと、流されて生きてきて後悔していたのに、また流されてしまった。

 

 

自分で考える事を諦めてしまったから。

 

 

自分で、選択しなければ、言い訳ができるから。

 

 

 

 

一緒に居て楽しい人、大好きな人と一緒に居たいって思ったのに。

 

 

人を好きになる気持ちを知っていたのに。

 

 

結局目先のことを優先して結婚してしまった。

 

 

 

私の中で、会話してて楽しい!という気持ちを大事にしたかったのに、私の面白い事はにわとりさんにはつまらなくて、にわとりさんの面白い!は私にはつまらかったりする。

 

 

私が冗談を言うと、「今はふざけてる場合じゃないでしょ」と言われてしまう。

 

 

逆に、にわとりさんの些細な言葉で私は号泣して、にわとりさんはイライラしてしまう。

 

 

 

お互い、自分は喋らない方がいいんじゃないかって、思ってしまう。

 

 

 

そんな感じで自己肯定感が下がりまくる。

 

 

特に一緒に住みだした頃は、しんどくてこのままだと精神的に壊れそうな気がしていました。

 

 

まぁ、それでも最近は、落ち着いてきている。

 

なんとかやっているのだ。

 

 

不穏な事しか書いてないけど、にわとりさんは家事をよく手伝ってくれる。

 

掃除、洗濯、料理…。

 

私はできない方なので、助かっている。

 

 

 

でも、私の干し方に引いたりされるので、辛い。

 

 

価値観が全然違うから、お互いにしんどい。

 

 

 

なんかもう、グダグダしてるから、続きは今度。

【婚活】にわとりさん33 もう書くの疲れたから完結編

前回からの続きです。

にわとりさんの最初の記事はこちら

 

家の購入を済ましたさばの一行。

 

 

次は、にわとりさんの両親に挨拶することになりました。

 

 

 

にわとりさんの実家は東京。

 

 

そして、にわとりさんは週1しかお休みがないので、にわとりさんの両親に北海道へ来てもらうことになりました。

 

 

 

その頃の北海道は、コロナウイルスが広がり始めた頃です。

 

 

 

私は、もっと後でいいんじゃないかなと提案しましたが、にわとりさんの両親は「ウイルスなんか怖くねぇ!」との事。

 

 

 

日にちが近づくと、本格的に北海道はマズイ状況だったのですが、決行することになりました。

 

 

(結果的に、東京で蔓延する前に会えたので良かったかもしれません)

 

 

 

さばの家の両親とご飯+買った家を見に行くという流れでした。

 

 

で、案の定、私はさっぱり会話ができてなかった。

 

 

両親同士の会話中、私とにわとりさんはひたすら飯を食っていた。

 

 

上手く会話しなきゃと思うと辛いしどうせできないので、それでいいんだ、気が利かないと思われてもいいんだ、と思いながら、やり過ごしました。

 

 

そして、家を見に行って、さばの家に寄って解散。

 

 

もっと、ちゃんと、話さなきゃいけないんだろうけど、無理だった。

 

 

諦めモードになってしまった。

 

 

 

 

 

それから、にわとりさんが仕事を辞めて引っ越す準備をしに行く事になっていた。

 

 

その予定日の数日前から、さばの選手は猛烈な腹痛に見舞われる。

 

 

子宮筋腫が発覚し、準備どころでははくなった。

 

 

引っ越しの手伝いは、さばの家の父母兄が行く事に。

 

 

 

このタイミングの子宮筋腫、正直一緒に住みたくないからなのでは?と思ってしまった。

 

 

 

具体的な事は、ほとんど書けていないのだけれど、2人で会話するたびに泣いていたから。

 

 

そんな状況なのに、家を買い、結婚もした訳で。

 

 

もう、後に引けないよねという状況になっていた。

 

 

幸せな気分は、あまりなく、不安な気持ちの方が多い。

 

 

間違った選択をしてしまったかも、という気持ち。

 

 

だけど、自分が少しでもいいと思って選択したのだから頑張りたいという気持ちもある。

 

 

とりあえず、婚活の記録としてはここで終了したいと思います。

 

 

あまり良い結末とは言えない状況ですが、これからの奮闘を見守っていただけたら幸いです。

 

 

 

 

熱があってもPCR検査はしないのね

最近体調がめちゃくちゃである。

 

喉が痛くて、熱を測ったら37.5度以上だったため、恐る恐る病院に行ってきた。

 

 

病院に到着してすぐ、熱を測られるかと思ったら、違ったね。

 

 

 

保険証と診察券の名前が違うから直してって。(結婚したから)

ちょっとでもコロナの疑いがあったら厳重に扱われるのかと思ってた。

 

 

そういう時期は過ぎたのかもしれない。

 

 

そのあと普通の待合室で待ってから、脇で挟むタイプの検温をしました。

 

 

ほんでめっちゃ厚着してたから汗だらっだらだったの。

 

 

風邪ひいてる時ってこんなに発汗し無くね?と思いつつも、37.8度を記録。

 

 

いろいろ問診票に記入。

 

 

ほんで、そこの病院で受診してもいいかどうか(PCR検査を受けるべきかどうか)を、専用の窓口に1回聞いてからじゃないと診察してもらえないそうです。

 

 

あぁ、なんか、そういえばそんなことをニュースで言ってたわなぁとぼんやり思いつつ、電話かけて、受診の許可がおりました。

 

 

風邪の診察はコロナの配慮により、時間が限られていて決まった時間内でしか見てくれないそうなので、車中で待つか、一旦帰るかしてほしいそうです。

 

 

で、時間になって行ったのです。

 

 

今度は、コロナ対策として、部屋の中で先生を待ち、そこで受診するというシステムだそうです。

 

 

(さっきは普通に待合室に居たんだけどそれは良かったのだろうか?)

 

 

先生と看護婦さんが到着。

 

 

呼吸は苦しくないかだとか、下痢はしてないかどうかだとか、電話で聞かれたことと同じことを聞かれました。

 

 

ほんで、私はですね、

季節の変わり目に体調を崩しやすいということを伝えようとしたらですね、

先生がかぶせて話をしてきたのですね。

 

 

季節の変わり目に~ぐらいまでしか発せなかったよね。

 

 

あ~、これ、話を全く聞いてくれないタイプの人だわ~と思ってシャットダウンしましたよね。

 

 

まぁ、最悪ここまでは良いんですよ。えぇ。

 

 

なにが問題かってね。

 

 

診察が全くなかったんですよね。

 

 

先生が喋りたい事だけ喋って終了しましたよね。

 

 

個室には、聴診器とか、使い捨ての口につっこんでオエってなるやつとかあったんです。

 

 

わし、喉が痛かったんです。

 

 

だけどね、一切見もしなかったよね。

 

 

先生が喋りたい事だけ喋って終了しましたよね。

 

 

あれかい?先生もコロナ怖いのかい?

 

 

先生が先に帰って、看護婦さんが、何か他に聞きたい事がありますか?って聞かれたけど、私はフリーズしてたので無いですって、言ったよね。

 

 

そのあと、バファリン的な痛み止めと痰の薬が処方されました。

 

 

よくよく考えたら、あんまり痰が絡んでる感じがしない。

咳や鼻水も全く出てないし。

 

 

これ、大丈夫なんか?と思いつつも帰宅。

 

 

帰宅後、熱測ると35度を記録。

 

あれーーー?

 

そもそも、平熱になってるぅ…。

 

 

 

というような事件がございました。

 

 

その後も、やっぱり37度台になったり平熱になったりで、めちゃくちゃ。

 

 

私の体は一体どうなってるんだ…。

 

 

ひとつ言えるならば、こんなにブログを書いてるんだから、まぁまぁ大丈夫なんだろうなぁという事ですかね。

 

 

今日のお昼、薬のみ忘れたしね。

 

 

はい、以上です。

 

このブログのテーマ

ストック投稿が尽きて、昨日の記事をそのままトップにしておくのは気まずいので、てきとうに何か書いておこう。

 

まずは、このブログ、読みにくくてごめんね&心配かけてごめんねと、読んでくれてる人に言いたい。

 

これからも、危なっかしい展開は続くと思うし、痛々しいブログかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

 

 

まぁ、誰も読まなくなってもブログ書くからな!

 

ざまぁ見やがれ!!!

 

 

私は一体何に対して、ざまぁ見やがれなのか、分からないんですけども。

 

うーん。

 

 

自分自身にかな?よく分かりませんが。

 

 

自分自身や諸々が嫌になる事は多々あり、心に余裕がありません。

 

 

そんな、余裕がない状況でもなるべくリアルタイムで残せたらいいよねぇと思うのですが、いかんせんネット環境を導入しよう!と思えるほど経済的余裕がないのではないか?

 

 

てな感じで。

 

 

あぁ、お金の問題とか不安とかそんな話題ばっかりになっちゃうなぁ~と思ってきたので辞めます。

 

 

話題を変えて。

 

好きな事を見つけたいと常々思っていて、言ってたりするような気がする。

 

 

好きな人を見つけたいなぁ~って思った。

 

入籍して物騒な事を言っているが、そういう意味じゃなくって、コミュニケーションの幅を広げたいなぁと。

 

 

私が好きな人・いいなぁと思う人と会話出来たら楽しいんだろうなと思った。

 

 

そういう楽しさを人生であんまり味わってこなくって、ようやくまささんという人物に出会ってそういう感覚をしったのだけれども。

 

とりあえず、ブログでも発信しといたら誰か引っかかんないかなと思ってやってます。

 

このブログの裏テーマは、お友達探しです(笑)

 

 

表のテーマは何やねん!といった所ですが、それは、自分自身の気持ちを見つめる事ですね。

 

 

自分の内面を考える事が好きなので。

 

ぐるぐるしがちですけども。

 

 

ふざけたい、頭のおかしい発言をしたいという欲求もあったんですけど、あまり思いつかなくなってきましたね。

 

 

そういや漫画とか、しばらく描いてないなぁ。

 

元からそんなに書いてなかったけど。

 

 

 

本当にネタがない。

 

 

あぁ。

 

良い意味でとち狂った、味わい深い友達が欲しいなぁと思いました。

 

 

どこかにいないかな~。

 

 

我こそは!と思う方は連絡が欲しい所ですが、そういうタイプは自分が狂ってることに気が付いてないんだよなぁ~。

 

 

でも、連絡お待ちしております(笑)

 

【婚活】にわとりさん33 はじめての性行為と剛毛問題編

前回からの続きです。

にわとりさんの最初の記事はこちら

 

にわとりさんとの性行為について書こうと思いまして。

 

 

生々しいので、見たくない人は、てきとうに何とかしてください。

 

 

************

 

最初に泊りに行った日は、私が生理だったので最終工程は無し。

しかし、指を突っ込まれて悲しい気持ちになる。

 

 

 

次ににわとりさんのアパートへ行ったのは、お正月。

 

にわとりさんの仕事は、正月休みなんてないので、泊りに行って何かご飯でも持っていこうかと、おそるおそる母上に提案。

 

しかしながら、驚愕の回答。

 

さばの母「泊りに行っちゃだめ。結婚するまでは、きれいなままでいなきゃ。

 

 

はい。ここで、クイズです!

 

さばのモヨウは、何歳でしょうか?

 

 

 

 

てんれてってれー(シンキングタイム)

 

 

 

 

 

 

はい。

 

 

答えは、30歳。

 

 

 

わし、30やぞ?

 

 

 

両親に挨拶までしたのに、お泊りNGって、すごいっしょ?

 

これが、さばの母なのです。

 

 

 

まぁ、日帰りならOKがでたので行ったんです。

 

 

で、まぁ、最終工程なんか、夜じゃなくてもできるじゃないっすか~。

 

 

という訳で、試みたんですよね。

 

 

はい。

 

 

 

結果から言いますと、無理でした。

 

 

 

 

全く持って無理。

1㎝も入らなかった。

 

 

 

例えるなら、棒を股間に押し付けられ、張り裂けそうになるのです。

 

拷問を受けているのかな?って感じでした。

 

わたしも「うおああああああ」という声を上げた。

 

 

しかもね、なんというか、言いにくいのですが、挿入しようとするタイミングが早すぎると思うんだ。

 

 

またしても、私は、置いてきぼり。

 

 

前に、自分が不感症なのかなと思ってて、それでもまぁ、ねじ込めばなんとかなるよね~。とか思ってたけど、全然無理だった。

 

 

濡れていない訳じゃない。

けどめっちゃ痛い。

 

にわとりさんは入れようとしてくる。

 

無理。

 

 

結局、諦めたのですが。

 

 

にわとりさん曰く、以前付き合って初めてだった子も最初はとても痛がってたし、血もいっぱい出たとのこと。

 

 

 

それに、私は経験が無いから固くなっているかもしれない。

 

そういう病気なのかもしれないから、半年は頑張ってから産婦人科に行こう。

 

 

 

勝手に病気扱いされた悲しみやら、私の我慢が足りないのかなとか、役に立たない自分とか、そんな所でも泣いたりしてました。

 

 

 

最終工程ができない問題は、あれから何度も試していますが、現在も続いています。

 

 

後に、子宮筋腫であることが発覚するのですが、あんまり関係なさそう。

 

子宮筋腫がある場合は、奥に入れると痛いそうなのですが、入口で入っていかないのだから。

 

 

指も自分で突っ込んでみたりしたけど、奥まで入る。

 

だけど、にわとりさんのは入らない。

 

まくらを背中に置いてみたり、体の位置を変えてみたりしましたが変化は見られず。

 

 

 

1回だけ、3/2ぐらいまで、入ったことがあります。(私は見てないから知らんが)

 

 

その時はいつもよりだいぶ濡れていたからだと思うので、何かしらの道具を使ってみるのはアリかもしれません。

 

 

はじめて最終工程を試みた以降の日は、 他の人のブログで、パートナーと楽しく性行為をしている記事を見て、悲しくなりました。

 

 

 

みんなは普通にできることなのに、私は何でできないんだろうって。

 

 

我慢が足りない。

私は、欠陥している。

にわとりさんに嫌われる。

 

 

そんな事が頭をよぎりました。

 

 

今は、痛いものは痛いし、仕方ないかなぁと思ってます。

 

 

 

まだ解決策は、見つけてないです。

 

私と同じように困っている人はいるんだろうなぁと思って、書き残して置こうと思いました。

 

 

ついつい悲しかったことを書きがちですが、良かったことも書いておこう。

 

 

さばのモヨウ氏は、超剛毛人間なのですが、にわとりさんは毛深い事に関しては、受け入れてくれています。

 

足とか、男性とそん色ないレベルまで行くんですけど全く気にしてない模様。

脇や腕は、私の方が濃いぐらいだ…。

 

 

顔だけ剃ってくれていれば大丈夫とのこと。

 

 

だけど、鏡見忘れて、けっこうなアゴヒゲが生えていたりすることもあるけど、言及されない。

 

 

とてもありがたいことである。

 

毛深くても、気にしない人は結構気にしないよと、過去の自分に行ってあげたいです。