鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

おゲーム大会

雨が降り、畑に入れない日が続いております。

 

そこで、私はにわとりさんに提案しました。

 

 

「ゲーム大会をやろう!」と。

 

 

という訳で、実家からスーパーファミコンを拝借してきました。

 

 

にわとりさんは、ドカポンがやりたいとの仰せでしたがさばの家には無いので、リサイクルショップへ向かいました。

 

 

結局、ドカポンは売っていなかったので、桃鉄ドラクエ、そして菓子を買って帰りました。

 

 

お菓子は、ビッグカツとか蒲焼さん太郎とか、口の中がパチパチするやつなど。

 

 

 

そして、にわとりさんは女児向けのアクセサリーがおまけに付いてくるチョコを購入。

ファービーをアクセサリーでデコってツイッターでバズりたい」から、だそうです。

 

 

 

理由はちょっとアレだが、ファービーの為に購入してくれたのが嬉しかったです。

 

 

 

ちなみにアクセサリーは、ピンクのイヤリングでした。

 

f:id:sabanomoyou:20200920190635j:plain

 

にわとりさんは、ネックレスを狙っていたようですが、イヤリングも色が合っててよいですね。

 

 

最初は、私が元々持っていたセーラームーンのソフトで遊んでいましたがクリアできず、にわとりさんは飽きてしまい昼寝。

 

 

にわとりさんが起きてから、桃鉄を開始。

f:id:sabanomoyou:20200920131901j:plain

 

 

桃鉄は、すごろくみたいなゲームで都道府県の、まぁ夢中になってずっとやってましてね。

 

 

いつもは、8~9時には布団には入る二人でしたが、最近は11時近くまでゲームをしてしまいます。

 

 

ゲームってやつは、本当に人を堕落させるぜ…。

 

 

なお、人間2人、コンピューター2人の4人プレイなのですが、ぶっちぎりでコンピューターが勝っております。

 

 

なんで、コンピューターの時だけキングボンビーにならないんだ!!!!

 

なったとしても、研究所の破壊しかしないんだよ!!!!

 

 

などと、わちゃわちゃ言いながら遊んでいます。

 

 

 

にわとりさんは、「ゲームはあんまりやらないんだ~」とか言いつつ私が風呂に入っているとドラクエをやってたり、夢中のご様子。

 

 

 

スーファミも久々に起動されて喜んでおられるであろうな。

 

 

 

私がすべきこと

昨日、にわとりさんと散歩に行った所、本日筋肉痛になりました。

 

 

 

そんな状態で、コサックダンスなんかやってしまったら、危険ですから、当然の如くノーコサックでございます。

 

 

ご期待に応えられず、誠に申し訳ございません。

 

 

 

最近は、体が重いので、寝てることが多いです。

 

 

 

体を動かした方がいいとは思うけど、動くと疲れてしまうので、寝ます。

 

 

 

寝ると、運動不足になります。

 

 

 

運動不足になると、体が重いです。

 

 

 

体が重いので、すぐ疲れます。

 

 

 

すぐ、疲れるので寝ます。

 

 

 

寝ると運動不足になります。

 

 

 

というような、負の連鎖にガッチリとハマっている訳で。

 

 

 

テレビを見ていると、大坂なおみ選手の全米オープンテニスで優勝できたのは、フィジカル面が強化されたからだと、言っていたような気がする。

 

 

 

言っていなかったかもしれないけど。

 

 

 

 

これだ!私がすべきことは!!!と、ピンときた訳ですよ。

 

 

 

 

フィジカル面の強化。

 

 

 

 

そうだ、フィジカルだ。私に必要なのは、フィジカルなのだ、と。

 

 

 

にわとりさんに言ったら、そうだ~、あんたにはフィジカルが足りないと言われた。

 

 

 

という事で、フィジカルの強化をしていこうと思います。

 

 

 

具体的には、フィジカルという言葉をやみくもに使っていこうと思います。

 

 

 

フィジカル!

 

 

 

フィジカル!

 

 

 

繰り返しと尻の穴

私が不機嫌になってプンスカしたりメソメソしたり、かと思えばベタベタとしてみたり、そんなことを繰り返しています。

 

 

 

にわとりさんは一緒に居ない方がいいんじゃねえんかなぁ、とか、間違った選択(結婚)をしてしまった、とか。

 

 

 

グズッグズで、もう急に不機嫌になるので、にわとりさんも知らん!って感じになるしそりゃそうだ~と思いますですね。

 

 

 

もう、なんというか、関係はズブズブ悪化しているような気がします。

 

 

 

ズブズブといえば、下品な事を書かせていただきますけどね。

タイトルで嫌な予感がした人は、お戻りください。

 

 

昨日、むしゃくしゃしてにわとりさんの尻の穴に指を突っ込んでみたりなどしてみましたけど、気持ちが晴れる事などなかった。

 

 

なんで、そんなことをしたかというと、にわとりさんはいつも一方的に股間を私にこすりつけてきたりする、まぁ野良犬みたいな、ロマンもかけらもない感じなのです。

 

 

 

私は、現状できませんし、自慰行為を手助ける形となりますが、自分なりに色々触り方を変えてみたり等、相手の反応を確かめて行ったりするのです。

 

 

一方にわとりさんは、自分のしたい事しかしませんので、私の反応なんかお構いなしです。

 

 

 

それに、私もイマイチ感じる事を諦めた節もありまして、そうなると、私も自分の楽しみを追求することをしたらいいのでは?となりまして。

 

 

 

その結果尻の穴ですよ。

 

 

それなりにBL漫画とかも読んだりするので、こう、まぁ、なんちゅうのかな~、憧れ?いや、興味本位っすね…。

 

 

 

色々、物を揃えなきゃいけなかったんです。

 

 

でも、にわとりさんは痔の薬でいいよって事だったので、突っ込んだ。

 

 

 

私は、にわとりさんの愛情の形が分からない!とイライラしておりましたが、尻に指を入れさせてくれることは、愛情が無いとできないことなのかもしれませんね。

 

 

 

グーグル先生には、始めは小指からと書いてあったけど、人差し指をジワジワ突っ込んだ。

 

 

 

自分で言いだしたことだが、尻の穴に指を入れる事はなかなか怖い。

 

 

 

おっかなびっくりだった。

 

 

 

むしろ、にわとりさんからもっと入れて良いよと言われたぐらいだ。

 

 

 

で、第二関節ぐらいで辞めておいた。

 

 

 

にわとりさんの感想は、うんこが出そうだったとのこと。

 

 

 

私も、子宮筋腫のエコー検査で尻の穴に装置を入れられた時に、うんこが出そうだと思った。一緒だった。

 

 

 

BL漫画のようには、うまくいかんかった。

 

 

 

にわとりさんが、体を張ってくれたにもかかわらず、私の気持ちは晴れず。

 

 

 

自分でも一体何をしたいのかが分からない。

 

 

 

尻に指を突っ込むことが、本当に私のしたいことだったんだろうか?

 

 

 

もっと、事前準備をしっかりして、BL漫画みたいにできたら満足できたんだろうか?

 

 

 

私は、一体どこへ向かっているのだというのか?

 

 

 

次回、さばのモヨウ、コサックダンスに挑戦

 

ご期待ください。

【悲報】おしりは、おわり

前回、にわとりさんのパンツ越しからのお尻が素晴らしい事を書きました。

 

 

sabanomoyou.hatenablog.com

 

 

すっかり、気温が下がりまして、にわとりさんがズボンを履くようになってしまったのでした。

 

 

 

ショック。

 

 

 

これからの生活、乗り越えていけないかもしれない…。

 

 

 

にわとりさんの1番好きな所。

不満不平ばかり書き綴っていて申し訳ないので、にわとりさんのいい所を書いていきたいと思います。

 

 

 

・コミュニケーションに躊躇が無い

 

にわとりさんは知らない人に話しかけることができるタイプの人です。

私には全くできません。

 

最近、うちのお母さんに対してはタメ口ですし、さばのの実家の冷蔵庫から調味料を拝借します。すげぇです。私には無理だ。

 

 

ちなみに、冷蔵庫の件に関しては、さばの母は自分で取ってもらった方が助かる!とのこと。

 

 

・野心家

 

仕事がめんどくさい、行きたくないなどとにわとりさんは言いますが、youtubeでトラクターの動画などを日々見て勉強しております。

 

うちの収穫物は周りの農家に比べてしょぼかったらしいので、もっといい作物を作って驚かしてやりたい!!!と言って、元職場から馬のたい肥を持って帰ってきてみたり、奮闘中。

 

働く事自体は好きらしいです。

 

私は、働くことは好きじゃないので単純にすごいと思う。

 

 

 

・家事をしてくれる

 

 

料理、洗濯、掃除、してくれます。

さばの家の男性陣は、一切家事をやりませんし、さばのもあまりしない方だったので、苦戦しています。

 

にわとりさんには、感謝せねばなりません。

 

 

・マッサージしてくれる

 

 

にわとりさんは、マッサージが上手。

 

私が股関節が痛いと言った時は、youtubeで調べて、マッサージしてくれたら結構良くなりました。

 

 

私が求める事で、なおかつにわとりさんができる事なら喜んで返してくれる。

 

 

出来ない事を求めてしまうから、それにこたえられずにわとりさんはイライラしてしまう。

 

 

にわとりさんがイライラするのは、私に対して怒っているということではなくって、上手くできなくて自分に対してイライラしている部分も多いと思う。

 

 

 

私は、にわとりさんができる事をもっと理解せねばいかんよなぁと思う。

 

 

 

・いい尻

 

 

にわとりさんの尻はいい尻だ。

 

 

にわとりさんは、暑いとパンツ一丁で過ごしているが、布越しから浮かび上がるそのフォルムはとても素晴らしい。

 

 

きゅっと引き締まっていて、ぱん!と弾けそうな、フレッシュなお尻をしている。

 

 

 

にわとりさん自身は自分の尻は汚いから嫌と言うが、よいものをお持ちだと思います。

 

 

 

 

正直…

私がにわとりさんの尻が、一番好きな所なんだと思う。

 

 

 

だって、こうやって書いてて一番テンションが上がったからさ。

 

 

 

 

良好な関係性を築くには、この方向性なのかもしれない…。

具体的に何をすればいいのか思いつきませんが。

 

 

 

 

ところで、以前はファービーなんかまったく興味がない!と断言していたにわとりさんだったけど、俺はこの中(私が所持するファービーの中)だったらファービーベイビーがいい!言うようになってきた。

 

 

 

ふむ。これは、なかなかの進歩では?

 

 

 

つまり、さばの&にわとりさんの関係はファービーとお尻に支えられているのだ。

 

 

 

うん…。

 

 

 

思えば、タイプじゃ無かったかなぁ?

不満の感情が爆発したり、そのあとは何であんなに拗ねてしまったのか、よく覚えてなかったり、そんな情緒不安定な日々です。

 

 

とある恋愛ブログを見ていたら、相手の男性が個性的でなんだかワクワクした。

 

あぁ、私って変な人がすきなんだなぁと。

 

 

 

思い返せば、、一番メールしてて笑ったのは帽子さんだったりする。

 

 

 

できることなら、メル友であり続けてほしかったぐらいだ(笑)

 

 

 

ちなみに、おんさんとはちょこちょこメールをするし、るーさんもこのブログを見てくれてるようなので、たまにメールくれたりする。

 

 

 

普通だったら、あんまりよろしくない事かもしれないけど、私はその点に関しては上手く説明できないけど、私の長所なんかなぁと思う。

 

 

 

話は戻すけど、変な人が好きな私。

 

 

 

だけど、にわとりさんは、変じゃない。

 

 

 

なんていうのかな。割と男性的な感じで、割とよくいるタイプの人だと思う。

 

 

 

虚勢を張っている?

 

ひょうきんでありたい?  

 

 

ピエロみたいな。なんかそんな感じ。

 

 

よくいるタイプと思われるけど、私はあんまりこのようなタイプに接したことがなくって。

 

 

例えば、もし同じクラスだったら全く接点が無かったと思う。

(そもそも男子との接点がない学校生活を送っていたのだが。)

 

 

 

まぁ、あれだ。

 

 

タイプじゃ無かったね、ということだ。

 

 

 

だから、会話がイマイチ楽しくなかったりする。

 

 

全く楽しくない訳じゃないんだけど、なんか、私が私らしく振舞えなくて寂しい思いをしている。

 

 

 

これはどうこうできる問題じゃない。

 

 

にわとりさんに変な発言をしてくれと言って、できるようになるものじゃない。

 

 

私に、もっとオシャレに気を遣え!と言うようなものだ。

 

 

 

それは、無理なのである。

 

 

 

だから、困っている。

 

 

 

るーさんの時も、話がつまらなくってイライラしていた時があったんだけど、今となっては面白いので、なんとなかるかなぁと当時は思っていた。

 

 

 

うーん。でも、今回はなんか難しそうなんだ。

 

 

 

今までは、私の感情が爆発したときお互いのやりとりの中で、何かを気付き、そこから道が開けたりしたのだけれど、今回はそれが無い。

 

 

 

にわとりさんが、私の言っている事が難しすぎると言って、イライラしてしまう。

 

 

 

うーん。

 

 

困りましたねぇ。

 

 

 

でも、今のことろ離婚という選択はない。

 

 

 

理由は、家を買ってしまった事・仕事の事、などの要因が大きいけども、にわとりさんだってにわとりさんなりに頑張ってくれているのが伝わっているからなのだ。

 

 

 

けっこう、家事、やってもらっている(;´Д`)

 

 

 

それがまた、自分は何もできない…と罪悪感・自己否定につながってたりするんだけども。

 

 

 

んー。

 

 

唸る事しかできん。

 

 

 

まだ、解決できる技量が自分の中に無いのか。

 

 

 

にわとりさんに対して頑張るモチベーションがないのも事実。

 

 

 

ワクワクしない。

 

 

 

ここから、どう切り返せるのか。

 

 

 

未来のさばのモヨウ選手、いかがですかね(未来に丸投げ)

私は、嫌な奴だ…!

とある日。

 

 

 

雨が降ってきたので、畑でトラクターに乗り仕事をしているにわとりさんを、私が車で迎えにいきました。

 

 

 

にわとりさんは、仕事を終らせたいから30分待って!というので待ってました。

 

 

 

実際に終わったのは、1時間後。

 

 

 

なんとなくモヤモヤしていて、自分の機嫌が悪くなりつつあるのを感じていましたが、怒るほどでもないような気持ちもありました。

 

 

 

にわとりさんが、仕事が終わり、怒っている?と聞かれました。

 

 

 

その瞬間、じわじわと嫌な気持ちになり、「30分って言ってたのに、遅くなるなら一言声をかけてくれればいいのに」と言ってしまいました。

 

 

 

にわとりさんは「30分で終わらなさそうなのは見てて分かるから、わざわざトラクター降りて言わなくてもいいだろうって思った」「仕事を遅くまで頑張ったのに、怒らないでよ!」と。

 

 

 

本当に、その通り。

 

 

 

たたが30分遅くなっただけだし、待っている間私はにわとりさんのスマホで、youtube見てただけでにわとりさんの様子も全く気にかけてなかった。

 

 

 

ただただ、にわとりさんに対して、怒りたいだけのような気がした。

 

 

 

スキンシップをとっている時、私がにわとりさんの鼻をつんと触ったら、怒られた。

 

 

 

「鼻を触られるのは嫌だからやめて!」と。

 

 

 

それに対して私は「にわとりさんだって、私がくすぐったいからやめてと言っても、やめてくれないじゃん」と言いました。

 

 

 

そしたら、にわとりさんはとてもイライラして、もういい!と、怒り出しました。

 

 

 

そこで私は1つ気付いたことがあります。

 

 

 

私は、にわとりさんから謝罪の言葉を常に欲しがっているなと。

 

 

 

何故か分かりませんが、謝って欲しいという気持ちが大きい。

 

 

 

裏を返せば、にわとりさんに否がある・許せていない・受け入れていないという事です。

 

 

 

また、それらをできていない自分を責めている部分もあるみたいでした。

 

 

 

そこらへんがぐちゃぐちゃしていて、情緒不安定な日々を送っています。

 

 

 

にわとりさんと結婚してからというもの、嫌な自分がどんどん出ています。

 

 

 

嫌な自分とは、具体的に言うと、人のせいにしてどんどん動けない状況です。

 

 

 

あるいは、子どもが駄々をこねている時のような感覚です。

 

 

 

小学生の頃、休みの日にどこにも連れて行ってもらえないと泣いたら、動物園に連れて行ってもらった記憶があります。

 

 

( ^ω^)・・・

 

 

歴史が繰り返されとる…。

 

 

 

 もう30歳なのに。

 

 

 

駄々をこねるような感情は、数年前もそんな感じでした。

 

 

 

お菓子をやけ食いして、気持ちが悪いのに食べ続けたり。

 

 

 

最近もむやみに食べすぎてしまう事が増えつつありました。

 

 

 

 

 

それが、一旦落ち着いた時もありました。

 

 

 

まささんとメールを始めだした頃からです。

 

 

 

まささんには、私が私であることをそのまま受け止めてもらってから、だんだんと嫌な気持ちから落ち着いてきていたのです。

 

 

 

しかし、にわとりさんと結婚してから、どんどんと私の悪い所が引き出されてきて、ふりだしに戻ってしまった気持ちになりました。

 

 

 

ふりだしに戻った気がしますが、受け止めてもらえて嬉しかった事や、自分が嫌な気持ちになっていることに気が付けているのは、自分が以前より成長できているとは思います。

 

 

 

あとは、やっぱり自分を責めすぎかなというのも何となく頭では分かっているのですが、腑に落ちないというか、心が軽くなりませんね。

 

 

駄々をこねるのが悪い。

 

 

にわとりさんのせいにしてしまう自分が悪い。

 

 

うーん。

 

 

私は、私がなんでこんなにむしゃくしゃしてしまうか、もっと根っこの部分が知りたい。

 

 

そして、楽しく過ごしていくには、私は何をしたらいいんだろう。

 

 

 

全然わからなくって、悲しみの渦に自ら飛び込むようなことをしてしまいます。

 

 

 

自ら悲しみの渦に飛び込めるなら、楽しみの渦に飛び込めねぇもかな?と、思うのですが、いかんせん何をしたらよいのか分かりませんね。

 

 

 

とりあえず、ブログに投げとくかって感じです。

 

 

最近は、思い立ってもすぐに書けない事が多いので困ったもんです。