鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

振り出しに戻る

昨日、在宅ワークの研修を受けたんですけどね。

 

 

ふはははは…。

 

 

そこで働くの辞めましたわ!!!

 

 

なんというか、業務内容がね…。

 

 

一昨年に受けて一週間経たずに辞めたコールセンターと似たような感じでしたのよね。

 

 

しかも、その時より難易度が高く、時給は低い。

 

 

主に駄目だと思った所は、

 

 

・聞き取らなきゃいけない項目がそれなりにある

・台本が日によって変わる

・達成条件が日によって変わる

 

臨機応変ができない私にとって、厳しすぎる。

 

 

そのことをにわとりさんに伝えたら、コールセンターだったら普通じゃない?と言われて、情緒が不安定に。

 

 

私の脳内では、「普通の事ができない」という風に言われたんだ、と変換されるのだ。

 

 

そうなると、私が困った時に支えてもらえない。

 

 

辛い時に支えてくれないし、普段の会話もつまらないし、一緒に居る意味がないのでは????と、情緒不安定がスパーキング☆☆☆するのであった。

 

 

働かない訳にはいかないでしょう?とにわとりさんに言われた。

 

 

さばの選手は、ネチネチ攻撃をしかけました。

 

 

結婚する前、にわとりさんは私が冬に精神的に落ちている時、無理して働かなくてもいいのに…!と言ってました。

 

 

モヨウは働きに行くと苦しくなるから、働きに行かなくても大丈夫になるように何か考えるよ、と。

 

 

あの言葉は嘘だったのかい!?と。

 

 

まぁ、正直そこは期待はしてなかったんですけど、言うだけ言ってみたんですね。

 

 

「そしたら働かなくていいよ!」

 

「無理して働いて、機嫌悪くされたくないし!!!」

 

 

ということだそうです。

 

 

はい。

 

 

それもね、なんだか、厄介者として扱われている気がするし(実際そうなんだけど)、にわとりさんって本当に私の事好きなんかなぁ????という、気分になりました。

 

 

わりといつものパターンですね。はい。

 

 

で、なんやかんやで、また日常に戻る感じです。

 

 

はい。

 

 

こんなん繰り返しですからね、いい加減に読者も飽き飽きしてるんだろうなぁと、ネガティブの渦中にハマった私はそんな思考に至りました。

 

 

それは、まぁどうでもいいんだ(すんません)

 

 

毎回似たようなネガティブの渦中にハマってしまうのは、分かる人にしか分からん。

 

 

そして、その気持ちを完全に分かっているのは自分だけなのだ。

 

 

だから、もうちょっと優しい言葉をかけれたらいいんだけどね。

 

 

渦中にいると、自分責め・にわとりさん責めのオンパレード。

 

 

渦中にいるぞ!!!!と、気付けてはいるんだけどね。

 

 

そっからどうするか?

 

 

まぁ、結局はなんとかなってはいるけど、悪化しているような気がする。

 

 

にわとりさんの言葉で、仕事を辞退することができたし、良かった事もある。

 

 

正直、シフトの条件が良かったから無理してやろうかなと思ってたんだよね。

だけど、向いてないのは目に見えてたから…。

 

今度は自分で決めれたらいいね。

 

 

 

とりあえず、別の在宅ワークの応募が完了。

正直、昨日のとこと同じ感じだったらどうしよう…と思っている。

そもそも採用されるかどうか自信がない。

 

 

いっそのことエロいチャットレディーでも始めようか?

(在宅で検索するとそういうのがでてくる)

 

 

 

次回、さばのモヨウ、チャットレディーで撃沈、どうぞご覧ください。

 

 

 

振り出しに戻る

昨日、在宅ワークの研修を受けたんですけどね。

 

 

ふはははは…。

 

 

そこで働くの辞めましたわ!!!

 

 

なんというか、業務内容がね…。

 

 

一昨年に受けて一週間経たずに辞めたコールセンターと似たような感じでしたのよね。

 

 

しかも、その時より難易度が高く、時給は低い。

 

 

主に駄目だと思った所は、

 

 

・聞き取らなきゃいけない項目がそれなりにある

・台本が日によって変わる

・達成条件が日によって変わる

 

臨機応変ができない私にとって、厳しすぎる。

 

 

そのことをにわとりさんに伝えたら、コールセンターだったら普通じゃない?と言われて、情緒が不安定に。

 

 

私の脳内では、「普通の事ができない」という風に言われたんだ、と変換されるのだ。

 

 

そうなると、私が困った時に支えてもらえない。

 

 

辛い時に支えてくれないし、普段の会話もつまらないし、一緒に居る意味がないのでは????と、情緒不安定がスパーキング☆☆☆するのであった。

 

 

働かない訳にはいかないでしょう?とにわとりさんに言われた。

 

 

さばの選手は、ネチネチ攻撃をしかけました。

 

 

結婚する前、にわとりさんは私が冬に精神的に落ちている時、無理して働かなくてもいいのに…!と言ってました。

 

 

モヨウは働きに行くと苦しくなるから、働きに行かなくても大丈夫になるように何か考えるよ、と。

 

 

あの言葉は嘘だったのかい!?と。

 

 

まぁ、正直そこは期待はしてなかったんですけど、言うだけ言ってみたんですね。

 

 

「そしたら働かなくていいよ!」

 

「無理して働いて、機嫌悪くされたくないし!!!」

 

 

ということだそうです。

 

 

はい。

 

 

それもね、なんだか、厄介者として扱われている気がするし(実際そうなんだけど)、にわとりさんって本当に私の事好きなんかなぁ????という、気分になりました。

 

 

わりといつものパターンですね。はい。

 

 

で、なんやかんやで、また日常に戻る感じです。

 

 

はい。

 

 

こんなん繰り返しですからね、いい加減に読者も飽き飽きしてるんだろうなぁと、ネガティブの渦中にハマった私はそんな思考に至りました。

 

 

それは、まぁどうでもいいんだ(すんません)

 

 

毎回似たようなネガティブの渦中にハマってしまうのは、分かる人にしか分からん。

 

 

そして、その気持ちを完全に分かっているのは自分だけなのだ。

 

 

だから、もうちょっと優しい言葉をかけれたらいいんだけどね。

 

 

渦中にいると、自分責め・にわとりさん責めのオンパレード。

 

 

渦中にいるぞ!!!!と、気付けてはいるんだけどね。

 

 

そっからどうするか?

 

 

まぁ、結局はなんとかなってはいるけど、悪化しているような気がする。

 

 

にわとりさんの言葉で、仕事を辞退することができたし、良かった事もある。

 

 

正直、シフトの条件が良かったから無理してやろうかなと思ってたんだよね。

だけど、向いてないのは目に見えてたから…。

 

今度は自分で決めれたらいいね。

 

 

 

とりあえず、別の在宅ワークの応募が完了。

正直、昨日のとこと同じ感じだったらどうしよう…と思っている。

そもそも採用されるかどうか自信がない。

 

 

いっそのことエロいチャットレディーでも始めようか?

(在宅で検索するとそういうのがでてくる)

 

 

 

次回、さばのモヨウ、チャットレディーで撃沈、どうぞご覧ください。

 

 

 

イマイチ!!!!

お久しぶりです。さばのモヨウです。

 

 

何が、久しぶりじゃ~!!!

わりといつも更新してるやんけ!!!

 

 

そう思った貴方…

 

 

いつも読んでくれてありがとうございます。

 

 

いや、違うんだ。そういう奴を書きたかったわけじゃないんだ。

 

 

久しぶりに、今、この瞬間の状況を書いてるので、久しぶりな気分だなぁと思ったわけでございます。

 

 

今日は、この後、在宅の仕事が決まったのでパソコンの前でやる感じです。

 

 

 

少し緊張するけど、家にいるのと顔を合わせないで済むのは、ありがたいです。

 

 

うーん。

 

 

そういうことを書きたかったわけでもない。

 

 

何か、何か~~~~~イマイチで。

 

 

楽しくない。日々が。

 

 

それは、まぁ前からだったと思うけど…。

 

 

にわとりさんと一緒に生活していると、どうしても反応を気にしてしまう。

 

 

だから、自分らしくできてない気がするんだよなぁ…。

 

 

結婚する前は一人で寝てたけど、今は二人で寝てる。

 

 

朝、目が覚めた時はにわとりさんを起こさないようにそろりと起きるか、二度寝しちゃうか、そんな感じ。

 

 

にわとりさんは、好きな時に起きて、スマホで動画を見ちゃったりする。

 

 

そういう些細な事に気を使ってしまうから、自分が思っている以上に疲れてるのかもしれない。

 

 

私も好きなタイミングで起きればいいだけの話なんだろうけど…。

 

 

しんどくないんだけど、しんどい。

 

 

こまごまとしたことをにわとりさんに合わせていこうとしている自分がいる。

 

 

だから、楽しくないんだと、思う。

 

 

かといって自分の楽しい事は何?と、そういう事を考える気力がない。

 

 

にわとりさんのやりたいことに付き合うだけの日々になりつつある。

 

 

かといって、にわとりさんに私の楽しいを付き合ってもらうってのは、また微妙で…。

 

 

結局にわとりさんの反応を気にするからやりたいようにできず、めんどくさいんですよね。

 

 

 

結局2人で居ても、イマイチなのに、2人で過ごさなきゃ!という思いがある。

 

 

依存的な…。

 

 

せっかくの人生なんだから、もっと楽しみたいと思うけど、何がいいんだかさっぱり思いつかん。

 

 

私は、何がしたいんかねぇ。

 

 

ずっとそんな事ばっかり書いてるねぇ。

 

 

分かんないねぇ。

自分でがんばる。

私と同じように、旦那さんとの性行為が上手くできずに悩んでいる方のブログを見ました。

 

 

その方は、産婦人科に相談しに行った所、検査の際に不意打ちでズボっ!!!とやられたそうです…。

 

 

やはり、それを怖がるのは注射を嫌がる子と同じなのか…。

 

 

それだったら、自分で頑張ってみるのが一番の方法なのかなと思いました。

 

 

自分でするのは惨めな気持ちだったのですが、痛さを知っているのは自分だけなのだし、安全に事を進められます。

 

 

かと言って、全部自分ではせず、にわとりさんに少しだけ入れてもらってから(自分では、どこに入れるのかよく分からない)挑戦しました。

 

 

ゆっくり、じりじりと模型をねじ込みます。

 

 

ちなみに模型は振動機能がついておりますが、OFFにしております。

何故かと言うと、本物には振動機能がついていないからです。

 

 

半分手前ぐらいは、入りました。

 

 

(なんか股が痔(?)になりそうだ…)

 

 

 

何はともあれ

 

 

自己記録更新です!!!

 

 

これをあと100回くらいやれば入るようになるっしょ!とにわとり氏。

 

 

道のりは長そうですが、1ミリずつ頑張りたいと思います。

 

 

とはいえ、あんまり頑張らず、てきとうにやりたいです。

 

 

しんどくなるからね。

 

ヒステリックが止まらない

昨夜のお話です。

 

 

アレをね、試してみようかってなりましてね。

 

 

アレっていうのは、この時に買ったアレなんですけどね⇩

 

sabanomoyou.hatenablog.com

 

まぁ、要するに、アレとは、おちんの模型の事です。

 

 

でね。

 

 

結果から先に言いますと、無理でした。

 

 

 

にわとりさんに模型の操縦を委ねた訳です。

 

 

ローション付けて、少しずつ入れていきます。

 

 

痛いかどうか分からないけど、入れる事がとても怖くなって。

これ以上奥に入れたら、とても痛い気がして。

 

 

私は、ずっと「怖いよ!!!」と言っていたのです。

 

 

でも、にわとりさんは入れようとする。

 

 

私は、泣き出してしまいました。

 

 

そうすると、にわとりさんの手は止まりました。

 

 

 

私は「どうして…無理やりするの…」と言いました。

 

 

 

にわとりさんは、途中で何回か「痛くないんだよね?」と言ってました。

 

 

それに対して私は「怖い…!」と返していました。

 

 

 

痛いとか、やめて欲しいって言わないから、大丈夫なのかと思ったそうです。

 

 

私としては、怖がっているのに私を気遣ってくれない事がとても悲しくて、泣きじゃくってしまいました。

 

 

そうすると、にわとりさんは不機嫌になりました。

 

 

にわとりさんは、「はいはい。分かりました。今度からは、怖いとか痛いとか言ったらすぐに辞めます。すいませんでした。」と棒読みで返します。

 

 

子どもが注射を怖がって駄々をこねる姿に呆れるような、そんな言い方でした。

 

 

 

始めで、痛いのは当たり前。

 

にわとりさんの元彼女は、血が出たとか、言ってたな…。

 

 

 

私は、我慢が足りないのでしょうか…。

 

 

そうではないと、思いたい。

始めてだからこそ、大事に扱ってもらいたい。

 

 

私は怒ってもいいんじゃないか…?

 

 

しかし、私には適切な怒り方が分かりませんでした。

でも、何か言わなきゃと思いました。

 

 

 

私は、にわとりさんの横に寝ながらネチネチつぶやきました。

 

 

どうして、優しくしてもらえないの?

 

 

怖い。

 

 

私は、悲しい。

 

 

どうして無視するの?

 

 

にわとりさんが嫌いだ。

 

 

一緒に居るのがつらい。

 

 

どうして、怖いことするの?

 

 

なんで気遣ってくれないの?

 

 

など。

 

 

にわとりさんは、さっきと同じように「分かりました、もうしません~」とか、「頑張ってないじゃん」とか言われました。

 

 

また、私の感情が高ぶります。

 

 

頑張っているのに…!!!

 

 

私が言葉を発してもあまり意味が無いように感じました。

 

 

こういう時は、ノートに気持ちを書きだそうと思いました。

 

 

そうすると、にわとりさんが真横に寝転がってきました。

 

 

にわとりさん「寝れる?」

 

 

さばの 「寝れない…」

 

 

にわとりさん「お尻の穴に指入れていいよ」

 

 

さばの「え…」

 

 

にわとりさん「お尻の穴に指を入れたら、ちんちん小さくなるんでしょ?」

 

 

※以前、ネットの記事で男性の尻の穴を開拓すると、女性ホルモンが高まり、男性器が小さくなって美肌効果もあるという記事があって、にわとりさんに冗談半分に提案していた。(半分は本気である)

 

 

そんなこんなで、

にわとりさんの尻の穴に人差し指を第二関節まで挿入しました。

 

 

にわとりさんは、笑っていました…。

 

 

感じる物は、あったそうです…。

 

 

ちなみににわとりさんは、以前付き合ってた彼女にアナルビーズを入れられて、ナニをいじられて、べちょべちょになったことがあるとのことで…。

 

 

それが、なんか、もうね。

 

 

前の彼女の話を聞くと劣等感をひしひしと感じてしまいましてね。

 

 

私は、そんな風にできない…。

 

 

普通のビーズしか、持ってないし…。

 

 

「普通のビーズを入れていい?」と聞いてみたけど、「人体に入れたらアカン奴や!!!」と、断られましたね。

 

 

アホみたいなことを書いているけど、本人は割と深刻なんです。

 

 

その後は、にわとりさんの処理をして終了と言った形でございますけどね。

 

 

あー。

こんなことまで書いてるって、にわとりさん知ったらドン引きだと思う。

 

 

ま、いいか★

 

 

で、またうやむやに日常が始まっていく感じでございまして、今に至ります。

 

 

本当にアホみたいに書いているけど、書いてる途中でも悲しみがぶり返してきて涙と鼻水が出ました。

 

 

かといって、虚無な自分もおりまして。

 

 

何が悲しいのかもよくわかんなくって、ただただ泣いてみたり。

悲しんでるよアピールなのかもしれません。

 

 

とにかく、にわとりさんにもっと大事にしてほしい!!!という気持ちが膨れ上がって、情緒不安定になるんだと思います。

 

 

大事にしてもらえないから繰り返しちゃうんだと思います。

 

 

私的には大事にしてもらえないと思っていても、にわとりさんの価値観では大事にしてるのかもしれない。

 

 

例えば私がいつも、拗ね散らかしている時、にわとりさんから仲直りのアクションを起こしてもらっているよなぁ。

 

 

そんな風に、きっと色々あるんだろうけど、私が分かってない。

 

 

ずっと、そこで止まっている感じです。

 

 

 

いつか、気が付くことができるんだろうか…。

 

 

どんどん自分がめんどくさい人物になっていっているし、前に進んで行っていない・むしろ悪化しているような気がしてしまいます。

 

 

安心して、にわとりさんと接することができる日が来るだろうか…。

 

 

それは、無茶な願いなのだろうか…。

秘密のこと

前々から少し興味があったことがあって、それをやろうかなと思ってます。

 

 

何をやるかは、ブログに書く事すら自信がない。

 

 

それをやりたいと周りに言ったら、ほぼほぼ辞めた方がいいよと言われると思うので。

 

(にわとりさんにも言われたけど、試してみれば?と言われた)

 

 

モチベーションとして、それに関するブログも別に始めてもいいかなぁと思ったりしてる。

 

 

結局の所、私は人の目が怖い。

 

 

バカにされたくない。

 

 

否定されたくない。

 

 

なので、こっそり、ひっそりやるのだ。

雪だるまだぞ

暖房問題で、にわとりさんとひと悶着ありましたが、解決致しました。

 

 

 

前日あんなに荒んでいたのに、次の日は一緒に雪だるまを作りました。

 

 

ブログでは、全部が全部書いてないけど、落差が激しい日々を送っています(;´Д`)

 

浮き沈みが激しくて、すいません…。

 

 

話は、変わりまして。

 

雪だるまは、このブログの毎年恒例になりつつあるんですわ。

 

sabanomoyou.hatenablog.com

 

sabanomoyou.hatenablog.com

 

 

(ちなみにここの読者は、雪だるまを見たくて閲覧しにきているぐらいで、むしろ雪だるま以外の記事は見たくないんだけど、しぶしぶ見に来ているのだ)

 

 

 

今年のはこれです⇩

f:id:sabanomoyou:20201113131757j:plain

 

 

なんか、傾いている…。

 

 

お気づきでしょうか?

クオリティが年々低くなっている事を!!!

 

 

しかし、今年のは過去最大級にデカいのです。

多分160㎝はあるのではないでしょうか?

 

 

いつもなら一人で作っていたのですが、今回はにわとりさんと一緒だったので、2人で頭を持ち上げて載せました。

 

 

そのため、大きな雪だるまを作る事に成功したのであります。

 

 

ちなみに表面は私が、裏面はにわとりさんが作りました。

 

 

にわとりさん作成の面⇩

 

f:id:sabanomoyou:20201113133110j:plain

 

赤い実は、目が飛び出ている様子を表現したそうです…。

 

 

 

後日ファービーと一緒に写真撮ろう~と思っていたのですが、数時間後に崩れて破壊。

 

 

やっぱりね、傾きがいかんのでしょうな…。

あと、暖かかったしね。

 

 

過去最速で、お亡くなりになりました。

 

 

 

来年あたりはもう作らなくてもいいんじゃねぇんかな…。