鯖缶ランドリィ

劣等感にまみれたさばのが日々感じたことをぶち込むブログです。

目まぐるしく情緒不安定

昨日、日中ガッツリ寝てた赤ちゃん。

 

 

案の定、夜バキバキに目があいてて泣いて寝てくれない。

 

 

寝たいのに寝れない我々。

 

 

添い寝しながら、おっぱいをあげ、頃合いを見てスッと抜いて寝かせるという作戦。

 

 

味のついてるおしゃぶりみたいなものだ。

 

 

ちなみにおしゃぶりはだめだった。ポロって吐きだす。

 

 

作戦は、2回目でなんとか成功。

 

 

再び夜中に起き出す。

泣き出しているのをそのままでミルクを作る。

 

オムツ取り替えるときも泣く。

 

 

にわとりさんがイライラしている。

 

 

抱っこしながら、ミルクればいいじゃんと言われる。

 

 

にわとりさんは、それができるけど、わたしがやったらそれこそ落としたりして殺めかねない。

 

 

普段なら、その一言に猛烈にイライラしそうだけど、にわとりさんだって寝不足なのだ。

 

 

私は、仕事しないで寝てるのでいいけど、にわとりさんは普段通り+家事やお風呂も入れてくれるので、イライラしても当然だと思う。

 

 

私はイライラというより、どうしたらいいか分からなくて投げ出したい気持ちになる。

 

最近、赤ちゃんは便秘なのかふんばってグズグズしてることが多そう。

 

見るからに辛そうだし、ミルクを飲ませたあとはお腹がはち切れそうになるし、飲み残しがあったり、便の量が少なくなっているような気がする。

 

ゲップもあまり出ないので、ミルクを、吐いたりもする。

 

病院行ったほうがいいのかな?と思いつつ、一日に一回はうんちが出てるし、柔らかいので大丈夫かも?とか、でもお腹がパンパンだし、毎日辛そうにふんばってるし、体調が悪いのかも?

 

心配なんだけど、それ以上に、自分が寝てたい…という気持ちの方が強くて、結局病院には行かず、自己嫌悪になったりしています。

 

本当に毎日情緒が不安定。

 

そんな中、

赤ちゃんの泣き声を解析して理由を調べるアプリなるものを発見しました。

 

ちょっと試してみたら、当たってるような、当たってないような…。

 

最初はお腹が空いた!だったのに、その後すぐ解析したら眠たい!に変わっていたり。

 

でも、結局抱っこしてたら寝たので、何か指標がある方が私は安心して行動できるかもしれない。

 

赤ちゃん自身も何が原因で泣いてるのか分からないからコロコロ変わるのかもしれない。

 

それを一つずつ解消したら、寝てくれるのかもしれない。

 

便秘については、分からないので、とりあえず様子見。

 

吐いたり、ミルクを残したりしてるけど、混合なので私の母乳の量が多く飲めてたのかもしれないし?

 

明らかに顔のお肉が増えてきてるから、大丈夫なのだと思われる。

 

寝れないのが今1番しんどい。

普段から10時間以上寝たいタイプの人間だから。

 

でも、赤ちゃんを抱っこして温もりを感じられるのは今だけなのだから、体感しておこう。

 

本当に、時間の経過や、成長が早くてビビる。

 

あっという間に、ワシは死ぬんだ、という気持ちになる。

 

どこまでも、ネガティブすぎる。

果てしなきネガティブ。

 

そのエネルギーを利用して、発電とかできたらいいのに。

 

こうやってブログを更新する元気は出てきたんだから、ちょっとずつ、自分でも分からないぐらいには進んでるのかもしれない。

 

他の人と比べたら、お世話は糞かもしれないが、自分の中では、夜中に起きてるだけでもヨシとしてあげたい。

 

何もしたくないと思ってしまう自分に嫌気がさすけど、にわとりさんなどに呆れられてしまうかもだけど、なんか、なんやかんやだから、なんやかんやです!

 

 

不安定ながらも、もがいている。

昨日今日の寝かしつけが、無事にできたのでメンタルが回復。

 

自分で、できた!と思えることが一つでもあれば、心がホッとする。

 

例え、寝かしつけるまでに2時間かかったとしても。

 

要領悪くて落ち込むけど、たまたまかもしれないけど、昨日よりはメンタルが落ち着いてるので良かった。

 

また、すぐに崩れることはあるだろうけど。

 

母乳も出てるのか出てないのか分からなくて、出なくなるのでは?と思ったけど、先のことはよくわからないので、思い出せたら水を飲むようにしてる。

 

 

眠いと、水を飲むこと、忘れちゃうのだ。

 

今の所、沢山水を飲んで母乳よりも尿が出てる気がしかしないけど、昨日の自分よりは、ほんのちょっぴり頑張ってる。

 

 

ついつい他の人の方がもっと頑張ってるのに、とか、抱っこや授乳が下手過ぎて赤ちゃんには嫌な思いをさせてばっかりで、最悪だと思っちゃう。

 

それの繰り返し。

 

正解が分からなくて、不謹慎だけど赤ちゃんが死んでしまって葬儀場をリアルに想像できてしまっている。

 

笑い話として、受け取って欲しくて書いたけど、本人は真面目に想像して、自己嫌悪に陥ってたりなんかする。

 

そういうとき、唐突だけども絵を描くことって失敗しても死ぬ訳じゃない(?)し、自分が大丈夫だと判断してもいいのは安心できることなのでは?と思った。

 

何を言ってるのか、よくわからないと思いますが、私もよくわかりません。

 

絵を描くことで、自分を許容できるのではないか?みたいな?

 

まだ、絵を描く気分にはなれないと思うけど、描けるようになったら、このことを思い出したい。

 

そうすれば、自分の不安も許容できるようになるかもしれない。

 

最悪だ。

メンタルが、やばい。

 

赤ちゃんを母乳メインで育てたいと思ったけど、無理だった。

 

今、生後38日で、母乳と粉ミルク一回につき140ml程度。

 

この量はほぼ、粉ミルクで育ててるようなもの。

 

これを母乳メインにしたかったら粉ミルクをガッツリ減らして、赤ちゃんが泣くたびに授乳すればいいとのこと。

 

空腹時に試したら、私の母乳じゃ5分も持たずに泣きだした。

 

抱き方も、授乳も下手くそ。

 

そもそも粉ミルクでも、こまぎれの睡眠に音を上げている。

 

母乳は、無理だった。

 

そして、最近はミルクを飲んでも寝てくれなくなった。

 

 

何で泣いているか分からない。

 

夜中なのに泣き止ます事ができない。

 

うつぶせ寝にすると泣きやむことがわかったけど、寝返りがうてない赤ちゃんは窒息したり、突然死の原因になったりするらしい。

 

 

抱っこしてあやそうにも、私が抱くと下手くそなので、暴れる。

 

出てるのかどうか分からない母乳。

 

そんなわずかなのに出なくなったらどうしよう。

 

 

そのくせ、水分摂ったりとか、抱き方や授乳のやり方を、覚えよう、工夫しようとか、やる気がない。

 

 

家事すらもまともにやってない。 

にわとりさんが、料理を作ってくれる。赤ちゃんをあやしてくれる。

 

 

それなのにしんどくて、何もしたくないと思ってしまう。

 

どうしようもない。

 

逃げ出したくなる。

 

 

ネガティブな思考ばかりで、にわとりさんには呆れられるのではないかと、怖くなっている。

 

 

私のせいで赤ちゃんが死んでしまうのではないかと、怖くなっている。

 

 

私が赤ちゃんを産むことは、完全にキャパオーバーで、無責任なことだったんだと思える。

 

何もかも申し訳なくて、それなのに、努力しない自分がいる。

 

最悪だ。

 

 

 

赤子の世話しんどい

前回から、なんか色々あったけど、追って書く気力なし。

実は、このブログ始まってから月一回は必ず更新してるので、できればしたいと思うけど、今後は難しいかもしれない。


今いちばん辛いのは、まとまった睡眠がとれないこと。

といいつつも、にわとりさんにはかなり家事やお世話をやってもらっていて、実家にも日中滞在していて、一日に2回もガッツリ睡眠をとらせてもらってて。


家事もあんまりやってなくて。


それなのに、夜はめっちゃ眠いし、家事もやりたくないと思ってしまうし、それが自己嫌悪でメンタルがやばい。

赤ちゃんが夜中に泣いていても、気付かないフリをしそうになったり。

最初の頃は、気を張ってたのですんなり起きることができたけど近頃は、本当にしんどくて。


朝も、お世話したら朝の準備をしなければいけないのに、寝てしまって。


朝ごはん作って出発しなきゃいけんのに、にわとりさんが朝ごはん作ってくれてるし、出発が遅くなってしまう。


とにかくたくさん寝ないと、メンタルがやられる。


それが他人より、燃費が悪くて、非常に申し訳ない気持ち。


あと、コンビニでご飯を買うことも増えた。


出費を、ふやしてる場合じゃなにのに。


…とまぁ、こんな感じで自分責めが多くなり、病んでくる。




まぁいいか、と、思う、気持ちが、圧倒的に足りない。


3ヶ月経てば、昼夜の区別がつきはじめるらしいけど本当だろうか。



お世話しんどい。


投げ出したい気持ちもあるし、うっかり死なせてしまったらどうしようという気持ちもある。


にわとりさんが、嬉しそうに赤ちゃんと遊んでいるのがせめてもの救いかな。

赤ちゃんは泣いているし、私もないている。

出産のため、入院し、退院しました。


入院中、助産師さんにお世話の方法を説明されるが、全然覚えられない。

そのため、その都度ナースコールで呼んで教えてもらってもいいですか?と聞いたら、自分で考えて?的なニュアンスの事を言われて。


分からない事、聞いちゃ駄目なんだって、解釈した。

そしたら、もう、不安まみれでメンタルがボロボロだった。



交代で他の助産師さんが、来たときに、涙がポロポロでたので、↑の事情をしらない助産師さんは、私のことをマタニティブルーだと判断。


私としては、マタニティブルーだから、泣いているわけじゃないし、元々の性格にもよるものだから、不愉快な気持ちだった。



次に、母乳で育てたかったのに、母乳の出が悪く、ほぼ粉ミルクになっています。


出産したら、簡単に母乳が出て飲んでくれるんだと思ったら、全然違いました。


母乳をあげようとすると、めちゃくちゃ嫌がります。


哺乳瓶の方が飲みやすいからです。


それでも無理矢理飲ませようとするから、虐待しているみたいな気持ちになった。


赤ちゃんには、ごめんよという言葉がけを、いっぱいしてしまっている。



粉ミルクでも、ちゃんと育つから大丈夫よ!無理しないで!と、周りには言われる。


だけど、私が母乳にこだわる理由があった。
 

それは、経済的な理由だからです。


友達の赤ちゃんは、一缶4000円ほどの、大きい缶の粉ミルクを一週間ぐらいで、飲んでしまうそう。

そんなの、我が家だと厳しすぎる。


私が母乳に、こだわる理由は、そんなもん。


あと、粉ミルクだと、温度調整とかしなきゃいけない手間がある。


赤ちゃんの健康面ではなくて、自分が楽したいから母乳がいいと思ってしまう自分に自己嫌悪を感じた。


にわとりさんは、とてもお世話をしてくれる。
オムツ取り替えたり、抱っこもとても安定している。


私なんか、オムツはぐちゃぐちゃだし、抱っこも赤ちゃんをもみくちゃにしている。


お風呂も毎日入れてくれる。


私は、バスタオルを持ってオロオロしてるだけ。


夜中も、私の手際が悪く、ずっと泣かせてしまっている。


そんななか、起きてくれて手伝ってくれたりする。



今朝、私は赤ちゃんをお世話してたので、にわとりさんが朝ごはんを作ろうとしてた。


なんか、パーシャル室に魚が入ってたのでそれをにわとりさんの朝ごはんにしてほしかったので、お願いした。


その魚は、腐っていた。

私が入院前から、入っていたらしい。


私が魚を、入れっぱなしにしてたみたいな言い方をされて、私はイライラした。

その魚は私が入院中に、にわとりさんが食べるために自分で選んで購入した魚なので、私は触ってないはず。


実際は定かじゃないし、そんなこと考えてもどうしようもない。


その腐った魚を、何処に捨てたのか聞いたら、普段のもえるごみに捨てたといったので、私はそれは嫌だと、いったら、にわとりさんはイライラして。


普段のもえるごみは、そこまでたまらないからすぐにゴミ出しにいかない。


使用済みオムツをまとめているゴミ箱や、外に生ゴミを捨てるケースがあるのでそこに捨ててほしいと言ったら、腐敗臭がすごいのに、そんなこと言うの?みたいな感じになった。


私が後でやるからいいよ、と言ったら、怒って捨ててきてくれたけど、気持ち悪いから朝ごはん食べないと言いました。


さらに、にわとりさんが瓶にお湯を冷ましたものを、用意をしてくれていたのですが、その瓶は私が後であらってから、消毒しておこうと思ってたものでした。


だから、つい、お湯を入れちゃったか〜っとポロッと言ってしまったので、にわとりさんは更にイライラして。だけど、瓶を洗って出ていきました。


魚の処理も、瓶の処理も、やり方に不満があるのなら、何も言わず自分で片付ければ良かったのに。


にわとりさんは、よかれと思ってやってくれたのに、私は酷いと思った。


全面的にお世話も下手くそだし、積極的に行わないし、にわとりさんにもあかちゃんにも嫌われてしまった気がした。

もう、何もかも自分が悪いという気持ちに。


マタニティブルーじゃんね。結局。

マタニティじゃないので、産後鬱か。


なんか、全て自分が悪いとか、すぐ悲しくなるとか、イライラするとか、そんな症状が書かれてた気がする。

でも、こんなんで産後鬱だとか、本当に鬱の人に比べたら、全然生活に支障をきたしていない。

体は動くから。


ほんで、病院相談したところで、元々の性格だし、貴様らがどうにかできる代物じゃないわ〜、という謎の上から目線に。


ということでね、全否定です。自分を。


にわとりさんにも、あかちゃんにも嫌われている気がします。


しかし、それは私が勝手にそう思っているだけです。


赤ちゃん本人は、大きくなったらどんな授乳方法をしたかとか覚えている訳が無い。


でも、何らかのストレスにはなりそうだな…。


とか、思っちゃうんですけどね。


まぁ…こんな時は脳みそをストップさせた方がいい。


自己否定も、たっぷりしたので、自分を肯定していきます。無理矢理にでも。


例えば、不満を言ってしまっても良いし、にわとりさんや、赤ちゃんに、嫌われてもいいと思う。


全否定をとりあえず、上辺だけでも受け入れる。


意識を呼吸に集中する。


まあ、すぐ否定的なことを考えてしまうけど。


必死。

このブログ、過去1番に必死で、情緒不安定さが丸出しの内容になったと思われる。


今日は、とりあえず寝る。


日中は、必要最低限の赤ちゃんのお世話しかしない。


朝ごはん食べるのも、辞めようかと思ったけど、母乳のために食べた。卵かけご飯と青汁。

米を食いすぎたかもしれん。

食器は洗わん。

あとで、お母さんが来てくれるから、やってもらおう。


歯も磨かん。


トイレは行く。漏らしたくないから。


現場からは、
以上です。おやすみなさい。

怖すぎた帝王切開

こんにちは。さばのモヨウです。


先ほど、帝王切開の手術を終えました。


赤ちゃんは無事に産まれました。
2992グラムの男の子です。


今のところ、麻酔が効いてるから割と元気なのでブログ更新しちゃえ〜という気持ちなので、書いちゃいますね。


まず最初に、手術室に歩いて到着。


手術台って、結構狭くてまな板の上の鯉の気持ちになりました。


麻酔は、背中から注射なんですけど、体制が上手くできなくて、何回か注射しました。


これがそこそこ痛かった。股関節もジーンと痛くて。激痛!って訳じゃないけど、なかなかに痛かったなぁ。


ほんで、麻酔が効いたら開腹なんですけどね。


怖すぎて泣いた。


だけど、いつお腹を切ったのか全く分からなかったです。


泣く訳にはいかん!と思って、お腹の空き加減に集中するんだ…!って思ったけど、怖いものは怖かった。


帝王切開って、麻酔効いたら5~6分で赤ちゃん産まれちゃうんですって。めっちゃ早いよね。


ほんで、赤ちゃんが出てきたんですけどね。


赤ちゃん、ずっと泣いてるから、私も怖くなって泣いた。


子どもを産んだら、母は強くなるというけども、今のところめっちゃ意識変わらずです。


やっぱり、産んでも実感がないですね。

本当に入ってたんだなぁ〜って感じ。

そんで、にわとりさんと対面。

にわとりさん、前に面会するときはスーツを着てきてねって言ってたんだけど、本当にスーツ着てきてくれてた!


赤ちゃん、産まれてからずっと泣いてたらしいけど、にわとりさんと会うときにはピタッと泣いてたみたい。不思議ですね。


とまぁ、こんな感じです。
これから麻酔が切れて、痛みがエグいことになるらしいが…どうなんだろう。


助産師さん曰く、生理痛のような痛みだそうで。


普段、生理痛は重い方だから、案外大丈夫だったらいいな。


あ〜なんかじわじわと、痛くなって来た気がするけど、それよりもお腹が空きました。


今日何も食べてないからね。


夜ご飯…ないんだろうな…。


赤ちゃん…まだ授乳とか全然してなくって、お世話ちゃんとできるか不安。


何より、人見知りしそうです。私が。我が子なのに。


大丈夫なのか…????



大丈夫なんか〜〜〜??!!!

めちゃくちゃいつも通り

明日から入院でごわす。

 

 

なのに、今日めっちゃ甘いものを食べた。

 

 

あんこに生クリームと白玉が乗ったやつと、バームクーヘンとアイス。

 

 

バームクーヘンとアイスは食べるつもりが無かったのに、にわとりさんに食べな!と言われて食べてしまったよ。

 

 

美味しかったけど、後悔の念が…。

 

 

足もパンパンでごわす。

 

 

産後の方がよりむくむらしいけど、すでに足が爆発しそうなぐらいむくんでいる。

 

 

せっかく早く家に帰れたのに、掃除を全然できなかった。

 

 

気分はなんだかへこんでいる。

 

 

お風呂に入ることさえ、めんどくさく感じでいる。

なんとか、シャワーだけでも…。

 

 

ブログも書く元気がないのだけれど、しばらく更新できなさそうだし、とりあえず書いとくかって思って。

 

 

にわとりさんが私のカバンに小説を勝手に詰め込んでた。

 

 

暇つぶしにということなんだろうけど、まぁ…読まなくてもいいかな…。

 

 

とにかく眠くて。

 

 

昼寝しようとしたのをにわとりさんに阻止されてイライラしているのかもしれない。

 

 

なんか、嫌なら嫌と、ちゃんと言えない自分にもイライラしたり。

 

 

出産前だからとか関係なしに、ある意味めちゃくちゃいつも通りのナーバスな感じですな。

 

 

うーん。

 

 

やっぱり気乗りしない。眠いし、気力がない。

 

 

そんな感じで、入院だけれども、まぁ、誰しも出産でキラキラした思いになっている訳じゃないんだよと、ここに記しておきます。